脳の恐ろしい病気の知識

エクササイズ

脳梗塞は現在、発症後、4時間半以内に治療を受ければ、回復が期待できます。ですから、その認識は、とても重要です。ただ、それよりも当然、予防が大事です。脳梗塞の危険因子は高血圧ですので、日頃より高血圧の予防、改善に努めるべきです。

詳細を確認する...

生活の行動に注意が必要

老人

物忘れによって生活に不自由を感じる程度まで進行する前に受診が必要になるのです。生活をしていくときに次の行動が起こせなくなるのが物忘れです。この根本的な原因を見つけて早めに病院で治療していくことで本人が感じ苦痛になる前に解決できるのです。

詳細を確認する...

脳で起きる異常への対策

ご年配

脳の機能低下の一因

年齢を重ねるとともに、様々な病気のリスクは上がりやすいと言われています。脳もまた、年齢による老化や弊害による影響を受けやすい組織だとされます。しかしその一方で、早期発見や治療によってその影響を最小限に食い止めておきたい症状もあります。アルツハイマーはその典型と言える症状です。アルツハイマーとは一般的に、認知症の原因の1つに位置付けられています。そもそも認知症とは何らかの原因によって、単なる老化以上に脳の機能が早いペースで低下した結果、生活に支障をきたす程になる病気を指しています。そして認知症の原因の1つとされるアルツハイマーとは脳内部を構成するたんぱく質の変質によって、神経細胞が死滅して脳組織が機能しなくなる現象を指しています。神経細胞は1度死滅すると回復が起こり得ないとされており、予防や早期発見によるアルツハイマー進行遅延が重要となっています。

日常での主な対策

現在でもアルツハイマーが起きる明確な原因は分かっていないとされています。しかし近年では、生活習慣の見直しが予防に繋がるという意見も挙げられます。具体的には認知症予防に繋がると言われる青魚やビタミンB12の摂取、高血糖や高血圧の予防、喫煙・飲酒の制限、適切な睡眠による回復などが挙げられます。睡眠に関しては単なる脳機能の回復に留まらず、脳で発生した異常なたんぱく質を除去する役割があると考えられています。またどうしても眠い場合に、30分程度の昼寝をした方が、発症リスクを抑えられるという研究結果もあるとされています。それでもただの物忘れに留まらないほど、行動した事自体を忘れてしまう様な症状を自覚したり指摘されたりした場合には、神経内科などでの早期受診による対処が無難となっています。

副作用の少ない治療薬

漢方

自律神経失調症の人に漢方が人気がある理由として副作用が少ないという点があります。自然の生薬によって作られているため、副作用の心配が少ないのが漢方です。また、漢方薬には種類が多く、自分に合った薬選びをするこでより効果を実感しやすくなります。

詳細を確認する...